レジャー

1歳児のプール遊びにおすすめ!目黒区民センター屋外プールはおむつが取れてなくても遊べる

投稿日:2018年8月2日 更新日:

 

8月になってもまだまだ暑い日が続いています。

クーラーの効いた部屋で過ごすのも良いですが、せっかくの夏、プールに行って涼みたいと考えていました。

東京都内で1歳の子供と一緒に遊びに行けるプールはないかと探していたところ、良いプールがありましたのでご紹介いたします。

 

f:id:hamatax:20180801235122j:plain

 

目黒区民センター屋外プール(幼児用)の良いところ

おむつが取れていなくても遊べる

1歳の子供が公共のプールで遊ぶ場合に問題となるのがおむつ問題です。

ほとんどのプールがおむつが取れていないと遊べない中、目黒区民センタープール(幼児用)では、スイミング用オムツを着用し、その上に水着を着れば、おむつの取れていない乳幼児であってもプールを利用することができます。

 

 

利用料金がリーズナブル

区民センターですので、料金がリーズナブルです。

〇利用料金(2時間以内)※幼児1名につき、付添いは1名まで無料です。
小学2年生以下100円、付添い人(中学生以上のかた)100円

〇延長料金(2時間を越えた場合に1時間につき)
小学2年生以下70円、付添い人(中学生以上のかた)70円

 

 

1歳児にとって程よい広さ・設備

プール自体はそんなに広いわけではなく、設備も幼児用の滑り台が一つあるだけです。

でも1歳児にとっては充分な広さだと思いますし、浮き遊具を一つ持っていけば楽しく遊べます。

衛生面においても、掃除が行き届いており悪くない印象でした。

区の施設ですので、シャワーは水を覚悟していましたが、ちゃんと温水もでるのがありがたかったです。

f:id:hamatax:20180801174140j:plain

 

 

目黒区民センター屋外プール(幼児用)の利用ルール

そんなに悪いところはなかった印象ですが、利用ルールがありますので記載したいと思います。

 

〇1時間ごとに休憩と清掃が10分間入る

区の施設ですので、1時間ごとに休憩と清掃を兼ねて10分間プールから出なければなりません。

遊びに熱中している子供達にとってはプールから出たくないとは思いますが、熱中症予防のためにも10分間のクールダウンはあった方がよいと思います。

 

〇レジャーシートは使用不可、プールサイドの食事も不可

レジャーシートが利用不可ということを知らなくて使っていたら、係員の人に使用不可との指摘を頂きました。注意しましょう。

 

〇場内・場外も撮影はできません。(※カメラ付き携帯電話の持ち込み、撮影も不可)  (ただし幼児プールに限り、保護者がお子様の成長記録として(スマホではない専用の)カメラ、ビデオカメラで撮影することはできるようです。)

 

 

まとめ

〇目黒区の区民センタープール(幼児用)はおむつがとれてなくてもスイミング用オムツの着用、その上に水着を着れば利用可

〇料金が安くプール自体も乳幼児が遊ぶ分には十分

〇利用ルールを確認して気持ちよく遊ぶ

 

 

【執筆後記】

我が家にクーラーがない部屋が一部屋あります。

今年はあまりにも暑いのでウインドウエアコンを設置。(室外機がおけないためウインドウエアコン)

音が多少気になりますが快適になりました。

 

  • この記事を書いた人

jun.hamano

濱野純税理士事務所 代表。 【事務所HP】https://hamanotax.com 1980年10月 埼玉生まれ。埼玉県草加市育ち、東京・蒲田在住。税理士。中小企業診断士。節税、節約、税務処理を身をもって実践しブログに公開しています。

-レジャー
-

Copyright© 大田区蒲田の税理士がつづる税金・節約のはなし , 2018 All Rights Reserved.