税金(個人) 税金(法人)

【販売奨励金・販売促進費の税務④】販売奨励金と売上割戻しの違いは何か?

投稿日:2018年9月4日 更新日:

販売奨励金と販売促進費に関する記事の第四弾です。

販売奨励金によく似たものに「売上割戻し」という概念があります。売上割戻しとは、いわゆるリベートや値引きのことです。

今回はこの混同しがちな「売上割戻し」と販売奨励金の違いについて考えていきます。

 

f:id:hamatax:20180903094027j:plain

 

【質問】販売奨励金と売上割戻しの違いは何か?

 

【質問】

売上割戻しと販売奨励金はともに得意先との取引関係に基づいて支払われるものですが、両者の違いは何でしょうか。

 

【ご回答】

〇売上割戻しは、売上高等に応じて支払われるなど、リベート・値引きとして行われるものです。販売奨励金は、自社製品等の販売促進を目的として行われるものです。どちらも得意先に対する金銭等の交付であり、交際費には該当しません。

 

【解説】

売上割戻しとは、法人がその得意先に対し、売上高や売掛金の回収高に比例して、又は売上高の一定額ごとに、売上代金を返戻する(いわゆるリベート)ことをいい、交際費とは区別されています。

得意先の営業地域の特殊事情、協力度合い等を勘案して金銭で支出する費用についても売上割戻しとして認められます。

このような売上割戻しが交際費等に該当しないこととしているのは、次の理由によります。

 

〇支出される金銭が得意先である事業者に取引の対価の修正額として帰属する

〇得意先に対して自社製品等の販売意欲を高めるために、一定の基準に基づいて取引高の修正として売上代金を返礼する行為が、企業間の正常な取引行為の一環として行われるものであると認められること

 

一方、販売奨励金は、売上割戻しのような一定の支払基準の必要はなく、自社製品等の販売促進の目的で、特定の地域の得意先である事業者に対して金銭又は事業用資産を交付するものをいいます。

販売奨励金は、販売促進を目的とするためのものであることから、以前の記事でも見てきたとおり対象範囲が広いのが特徴です。

 

【販売奨励金・販売促進費の税務②】特約店等の従業員に交付する販売奨励金品

  販売奨励金とは、自社製品等の販売促進の目的で特定の地域の得意先である事業者に対して金銭又は事業用資産を交付する費用をいいます。 販売奨励金は、販売促進を目的とするもので、贈答とはその趣き ...

続きを見る

【販売奨励金・販売促進費の税務③】特約店、代理店等の従業員に対する健康診断、生命保険料等の負担

税務上でよく論点となる販売奨励金、販売促進費に関する税務事例の第三弾です。 販売奨励金は、交際費や寄付金と区別が難しい部分があり、損金(費用)として処理する場合には、よく内容を確認してから処理をする必 ...

続きを見る

 

対象範囲が広いからといって、何でも販売奨励金になるわけではありません。販売奨励金が交際費等とならないために、次の記事で記載した点について留意が必要です。

販売奨励金・販売促進費の税務上の取扱いの件

  売上を伸ばすために、販売子会社や取引先に販売奨励金や販売促進費を支出する場合があります。 販売子会社等にとっては、受け取った販売奨励金を基に売上向上策を講じ、実際に売上が上がれば、仕入先 ...

続きを見る

 

【売上割戻しと販売奨励金の違いまとめ】

〇どちらも得意先に対する金銭等の交付であり、交際費には該当しません。

〇売上割戻しは、売上高等に応じて支払われるなど、明確な支払基準に基づいて支払われるリベート・値引きとして行われるものです。

〇販売奨励金は、特に支払基準について定まってはいませんが、自社製品等の販売促進を目的として行われるものです。

 

-税金(個人), 税金(法人)
-

Copyright© 大田区蒲田の税理士がつづる税金・節約のはなし , 2018 All Rights Reserved.